ホーム » 未分類 » 美のプロフェッショナルによるエステティシャンコスメ

美のプロフェッショナルによるエステティシャンコスメ

現在、“美のカリスマ”と呼ばれる美容家たかの友梨は、以前ひどいニキビに悩まされていたといいます。そして、フランスのエステを学ぶため、1972年にひとりパリへと向かったのだそうです。彼女はそこで、無駄なものを取り去るという美顔法に出合ったといいます。日本に帰国後、本格的エステティックサロンを開設したというたかの友梨は、日本人の肌に合う、添加物の少ない化粧品が必要であることを強く感じ、その開発に着手したそうです。そして、防腐剤を含んでいない、アンプル容器入りの製品が、彼女の化粧品づくりのスタートになったといいます。たかの友梨がニキビに悩まされていなかったら、現在のたかの友梨ビューティクリニックは生まれていなかったのかもしれません。たかの友梨のニキビは、たかの友梨ビューティクリニックの原点なのだそうです。

たかの友梨は、パリで出会った「余分なものを取り去ることが美肌の基本である」という考えを、化粧品づくりにおいてとても大切にしているといいます。余分なものとは、肌の表面に付着する様々な汚れのことです。酸化した皮脂が混入したメイク、そして大気に含まれる汚れ、毛穴に詰まった頑固な皮脂や、余分に蓄積した角質などをしっかり取り除くことが重要なポイントなのだそうです。

たかの友梨ビューティクリニックの提供するフェイシャルエステでは、どのコースにおいてもまず余分なものを取り去ること、つまり汚れ落としを丹念に行うといいます。素肌から様々な汚れを取り去ることで、肌本来の健やかな美しさがよみがえってくるのだそうです。

実は、化粧品にも余分な物質が多く含まれている場合があります。ニキビやアレルギーの原因は、使用している基礎化粧品やファンデーションが原因である可能性があるのです。たかの友梨の化粧品は、素肌を構成する成分が基本となっているといいます。たかの友梨ビューティクリニックでは、保存料、着色料、香料などを含まない化粧品を数多く使っているようです。自宅ケア用の化粧品も、使い勝手を考慮に入れつつ、添加物をできる限り少なくするように開発されているといいます。

肌の細胞を生み出している幹細胞の数は、年齢とともに減少していきます。せっかくビューティクリニックの美顔エステでしっかりケアを受けたとしても、日々、品質の良くない化粧品を使っていれば効果はなくなってしまうでしょう。美顔エステから帰ったばかりのうるおいのある肌をできるだけ長く保ち、肌が本来持っている美しさを輝かせるためには、高品質のスキンケア化粧品を使って毎日しっかりお手入れすることが大切なのです。美のプロフェッショナル、たかの友梨のエステティシャンコスメで、本物の美とは何かを実感してみてはいかがでしょうか。

管理人が選ぶサイト◇◇◇たかの友梨BEAUTY SHOPPING @ Amazon.co.jp: