ホーム » 未分類 » “神の塩”モンゴル式岩塩トリートメント

“神の塩”モンゴル式岩塩トリートメント

たかの友梨ビューティクリニックには、世界30か国以上からエステ技術を終結させています。そして、その中でもとくに高い人気を誇っているとされているのが「モンゴル式岩塩トリートメント」です。たかの友梨ビューティクリニックの「モンゴル岩塩入り温感クリーム」には、ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10などの、エイジングケア成分が含まれているのだそうです。さらにトウガラシや生姜、アロエベラやセイヨウキズタ、クレマティスやスギナ、シモツケソウの厳選された7種類の植物エキスが配合されているといいます。使用するとほんのりと温かく、リラクゼーション効果があるといえそうです。モンゴル岩塩は、「神の塩」や「神聖な塩」と呼ばれるモンゴルの赤塩である“ジャムツダウス”なのだそうです。太古の昔、海であった場所が数度に亘る地殻変動によって湖のように封じ込められたといいます。そしてその閉じ込められた海において、海水と海藻が一緒になり、何億年もの歳月を経て岩塩となったのだそうです。一般の塩と比較して、ミネラルを豊富に含んでいるといいます。モンゴルの伝統的な美容健康法に長年活用されてきて、神の塩や神聖な塩として崇められているのだそうです。

たかの友梨ビューティクリニックの「モンゴル式岩塩トリートメント」は、たかの友梨ビューティクリニックの誇るボディエステコース37種類の中で、人気第1位のコースとなっているようです。累計17万人が体験しているといいます。“神の塩”モンゴル岩塩パワーと、たかの友梨ビューティクリニックのオリジナルテクニックのハンドトリートメントで全身発汗、肌引き締め効果を引き出すそうです。「揉み込みが気持ちいい!」、「汗をたっぷりかいた!」と体験者から満足の声が続出しているとのことです。とくにボディメイクをめざしている人や、リフレッシュをしたい人を魅了して離さないコースとなっているといいます。

「モンゴル岩塩トリートメント」コースは、まず入念な背面ケアからスタートするそうです。オイルをブレンドしたモンゴル岩塩入り温感クリームを用い、パワフルな揉み込みハンドテクニックで、脚背面、ヒップ、背中、肩のトリートメントを丹念に行うといいます。自分ではケアしにくいヒップも、丹念にケアしてもらえるのがポイントなのだそうです。たかの友梨ビューティクリニックの、プロフェッショナル・エステティシャンによるテクニックを堪能することができるのではないでしょうか。次に、脚前面、腕、デコルテ、首筋のトリートメントをオールハンドで丁寧に行うそうです。リンパの流れに沿ったケアと、パワフルな揉み込みで、何ともいえない爽快感を楽しみながら、美しいボディをめざせるといいます。仕上げとしては、ヒートマットで全身を包み込み密封し、発汗を促すのだそうです。ミネラルとスクラブの効果で、肌がしっとりすべすべになるといいます。“神の塩”を用い、ハンドテクニックと温めで、全身がすっきりリフレッシュされる至福の60分を、たかの友梨ビューティクリニックで体験してみてはいかがでしょうか。