ホーム » 未分類 » 磁気と奇跡のリンゴのダブルパワー「マグネットフェイシャル」

磁気と奇跡のリンゴのダブルパワー「マグネットフェイシャル」

鼻の黒いぼつぼつが気になったり、顔のハリ不足が気になったり、肌がくすんでいるように見えたり、ちゃんと顔を洗っているのにすっきりしなかったり、最近、化粧ノリが悪くなったような気がしていたり……。そんな悩みはないでしょうか。たかの友梨ビューティクリニックには、磁気と奇跡のリンゴのダブルパワーで、つるんとしたクリアなハリとツヤを持つ肌を取り戻す、美顔エステが用意されているようです。その美顔エステの名は、「マグネットフェイシャル」です。マグネットフェイシャルは、まず肌の汚れを取り、次に肌にハリを与え、最後に肌を目覚めさせる、という3つのステップで進むそうです。そのいまだかつてなかった、たかの友梨独自の美顔法を詳しく見てみましょう。

まず、肌の汚れを取るのですが、「マグネットレンジング」というテクニックを用い、しつこい汚れも徹底的に落とすといいます。マグネットレンジングとは、砂鉄と一緒に磁石で肌の汚れを吸着する方法なのだそうです。最初に、細かい鉄の粒子がたっぷりと含まれたマグネットジェルで、スクラブトリートメントを行うといいます。その後、強力な磁石で鉄の粒子を一気に引き寄せるのだそうです。絡みついた毛穴の汚れが一緒にすくい出され、しつこい毛穴の汚れが取れてとってもすっきりとするといいます。シャリシャリ、という音が何とも不思議な感覚を与えるのだそうです。

続いて肌にハリを与えるステップです。磁気のマスクを用い、肌を健やかに整えるそうです。シルク素材のマスクの表面には、表面に無数のマグネットが配置されているといいます。マスクはしなやかな弾力性を持ち、肌にぴったりとフィットするそうです。マスクを流れる磁気で、肌がいきいきと整えられているあいだ、マスクに豊富に含まれたラベンダー、カモミール、ベルガモットなどハーブエキス配合の潤いエキスが肌に浸透、ハリのある肌を取り戻すといいます。磁気のマスクを外したあとは、肌の隅々まで美容成分を届けることができるよう、手技による顔のトリートメントを行うそうです。たかの友梨ビューティクリニックのプロフェッショナル・エステティシャンの持つ、熟練のテクニックに思わずうっとりしてしまい、施術後は表情までリフレッシュされるといいます。

仕上げは、肌を目覚めさせるステップです。ウトビラー・スバトラウバーという名のリンゴから抽出された、たかの友梨の先端コスメである「リンゴ幹細胞培養液」配合の「ぷるぷるパック」で、肌をリフレッシュするそうです。リンパの流れに沿って、美顔器パターという、たかの友梨オリジナルの美容マシンでタッピングを行ったあと、ぷるぷるパックを施すそうです。このウトビラー・スバトラウバーというリンゴは、収穫後も新鮮な状態を長く保ち続けることから、奇跡のリンゴと呼ばれているといいます。長期保存を目的として改良されたこのリンゴから、幹細胞を取り出し培養したものが、たかの友梨の先端コスメ「リンゴ幹細胞培養液」なのだそうです。肌にハリ、うるおい、キメを与え、乾燥などのあらゆる肌のトラブル解決への根本的なアプローチが期待できるといいます。エイジングケアにも大きな効果を発揮するのだそうです。

たかの友梨ビューティクリニックの美顔エステであるマグネットフェイシャルで、ツルツルモチモチの自信に満ちたたまご肌を手に入れてみるのも良いのではないでしょうか。より詳細な情報を公式Webサイトでチェックし、利用を検討してみると良いでしょう。