美のプロフェッショナルによるエステティシャンコスメ

現在、“美のカリスマ”と呼ばれる美容家たかの友梨は、以前ひどいニキビに悩まされていたといいます。そして、フランスのエステを学ぶため、1972年にひとりパリへと向かったのだそうです。彼女はそこで、無駄なものを取り去るという美顔法に出合ったといいます。日本に帰国後、本格的エステティックサロンを開設したというたかの友梨は、日本人の肌に合う、添加物の少ない化粧品が必要であることを強く感じ、その開発に着手したそうです。そして、防腐剤を含んでいない、アンプル容器入りの製品が、彼女の化粧品づくりのスタートになったといいます。たかの友梨がニキビに悩まされていなかったら、現在のたかの友梨ビューティクリニックは生まれていなかったのかもしれません。たかの友梨のニキビは、たかの友梨ビューティクリニックの原点なのだそうです。

たかの友梨は、パリで出会った「余分なものを取り去ることが美肌の基本である」という考えを、化粧品づくりにおいてとても大切にしているといいます。余分なものとは、肌の表面に付着する様々な汚れのことです。酸化した皮脂が混入したメイク、そして大気に含まれる汚れ、毛穴に詰まった頑固な皮脂や、余分に蓄積した角質などをしっかり取り除くことが重要なポイントなのだそうです。

たかの友梨ビューティクリニックの提供するフェイシャルエステでは、どのコースにおいてもまず余分なものを取り去ること、つまり汚れ落としを丹念に行うといいます。素肌から様々な汚れを取り去ることで、肌本来の健やかな美しさがよみがえってくるのだそうです。

実は、化粧品にも余分な物質が多く含まれている場合があります。ニキビやアレルギーの原因は、使用している基礎化粧品やファンデーションが原因である可能性があるのです。たかの友梨の化粧品は、素肌を構成する成分が基本となっているといいます。たかの友梨ビューティクリニックでは、保存料、着色料、香料などを含まない化粧品を数多く使っているようです。自宅ケア用の化粧品も、使い勝手を考慮に入れつつ、添加物をできる限り少なくするように開発されているといいます。

肌の細胞を生み出している幹細胞の数は、年齢とともに減少していきます。せっかくビューティクリニックの美顔エステでしっかりケアを受けたとしても、日々、品質の良くない化粧品を使っていれば効果はなくなってしまうでしょう。美顔エステから帰ったばかりのうるおいのある肌をできるだけ長く保ち、肌が本来持っている美しさを輝かせるためには、高品質のスキンケア化粧品を使って毎日しっかりお手入れすることが大切なのです。美のプロフェッショナル、たかの友梨のエステティシャンコスメで、本物の美とは何かを実感してみてはいかがでしょうか。

管理人が選ぶサイト◇◇◇たかの友梨BEAUTY SHOPPING @ Amazon.co.jp:

“神の塩”モンゴル式岩塩トリートメント

たかの友梨ビューティクリニックには、世界30か国以上からエステ技術を終結させています。そして、その中でもとくに高い人気を誇っているとされているのが「モンゴル式岩塩トリートメント」です。たかの友梨ビューティクリニックの「モンゴル岩塩入り温感クリーム」には、ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10などの、エイジングケア成分が含まれているのだそうです。さらにトウガラシや生姜、アロエベラやセイヨウキズタ、クレマティスやスギナ、シモツケソウの厳選された7種類の植物エキスが配合されているといいます。使用するとほんのりと温かく、リラクゼーション効果があるといえそうです。モンゴル岩塩は、「神の塩」や「神聖な塩」と呼ばれるモンゴルの赤塩である“ジャムツダウス”なのだそうです。太古の昔、海であった場所が数度に亘る地殻変動によって湖のように封じ込められたといいます。そしてその閉じ込められた海において、海水と海藻が一緒になり、何億年もの歳月を経て岩塩となったのだそうです。一般の塩と比較して、ミネラルを豊富に含んでいるといいます。モンゴルの伝統的な美容健康法に長年活用されてきて、神の塩や神聖な塩として崇められているのだそうです。

たかの友梨ビューティクリニックの「モンゴル式岩塩トリートメント」は、たかの友梨ビューティクリニックの誇るボディエステコース37種類の中で、人気第1位のコースとなっているようです。累計17万人が体験しているといいます。“神の塩”モンゴル岩塩パワーと、たかの友梨ビューティクリニックのオリジナルテクニックのハンドトリートメントで全身発汗、肌引き締め効果を引き出すそうです。「揉み込みが気持ちいい!」、「汗をたっぷりかいた!」と体験者から満足の声が続出しているとのことです。とくにボディメイクをめざしている人や、リフレッシュをしたい人を魅了して離さないコースとなっているといいます。

「モンゴル岩塩トリートメント」コースは、まず入念な背面ケアからスタートするそうです。オイルをブレンドしたモンゴル岩塩入り温感クリームを用い、パワフルな揉み込みハンドテクニックで、脚背面、ヒップ、背中、肩のトリートメントを丹念に行うといいます。自分ではケアしにくいヒップも、丹念にケアしてもらえるのがポイントなのだそうです。たかの友梨ビューティクリニックの、プロフェッショナル・エステティシャンによるテクニックを堪能することができるのではないでしょうか。次に、脚前面、腕、デコルテ、首筋のトリートメントをオールハンドで丁寧に行うそうです。リンパの流れに沿ったケアと、パワフルな揉み込みで、何ともいえない爽快感を楽しみながら、美しいボディをめざせるといいます。仕上げとしては、ヒートマットで全身を包み込み密封し、発汗を促すのだそうです。ミネラルとスクラブの効果で、肌がしっとりすべすべになるといいます。“神の塩”を用い、ハンドテクニックと温めで、全身がすっきりリフレッシュされる至福の60分を、たかの友梨ビューティクリニックで体験してみてはいかがでしょうか。

ヘッドスパ専門サロン「リボーテ」

たかの友梨と、ルネフルトレールがはじめて出会ったのは、20年以上前のパリだったそうです。彼女はルネフルトレールのサロンでヘッドスパを体験したといいます。そのすばらしいヘア粧材とテクニックは、たかの友梨の心を鷲掴みにしたのだそうです。すぐにでも日本で紹介したいとたかの友梨は考えたそうですが、当時の日本ではヘッドスパはまだあまり知られていなかったといいます。しかし、ルネフルトレールのサロンで受けられるヘッドスパ体験の感動が大きなきっかけとなり、たかの友梨はほかに先駆けて、エステでヘッドスパを提案し続けてきたといいます。その長年の研究と努力が、たかの友梨ヘッドスパ専門サロン「リボーテ」として結実したのだそうです。たかの友梨の長年の願いが叶い、パリのルネフルトレールのスカルプ(頭皮)用コスメがたかの友梨の元に到着したのだそうです。このスカルプ用コスメは、日本ではたかの友梨ヘッドスパ専門サロン・リボーテにしかないといいます。「豊かな土壌に豊かな植物が育つように、美しい髪は健康でバランスのとれたスカルプ(頭皮)から生まれる」という、ルネフルトレールのこだわりがこのスカルプ用コスメには詰まっているそうです。

まずは、素材へのこだわりです。ルネフルトレールの頭皮用コスメは、選りすぐられた植物原料から生まれた自然志向のコスメなのだそうです。植物から抽出された100%ピュアなエッセンシャルオイルと、世界中の植物から厳選された植物エキスが、最適なバランスで配合されているといいます。健康な頭皮と美しい髪の源となりそうです。次に、人それぞれで異なる頭皮の悩みへのこだわりです。1人ひとりの悩みや希望に対応し、ヘッドスパの各段階で適切なコスメを選び、理想的な頭皮と髪をめざすといいます。ルネフルトレールならではの、パーソナル・カスタムケアとなっているそうです。頭皮のべたつきが気になる人用、頭皮の乾燥が気になる人用、エイジングケアが気になる人用、そして頭皮の元気が気になる人用と、様々なコスメが用意されているといいます。3つめは、香りへのこだわりです。このコスメは、エッセンシャルオイルによる天然の香りを最大限に活かしているといいます。心地良い香りが漂い、さらに深いくつろぎへと誘ってくれるのだそうです。

こだわりのルネフルトレールの頭皮用コスメと、たかの友梨の40年近いエステティックの歴史から生まれた、オールハンドによる独自のヘッドトリートメントとのコンビネーション。この2つが、たかの友梨ヘッドスパ専門サロン・リボーテで体験することのできる「ルネフルトレールヘッドスパ」の要点といえます。たかの友梨ヘッドスパ専門サロン・リボーテで、ルネフルトレールヘッドスパを体験し、パリの気高い美意識が息づく頭皮ケアで、美しくつややかな髪を手に入れてみてはいかがでしょうか。

磁気と奇跡のリンゴのダブルパワー「マグネットフェイシャル」

鼻の黒いぼつぼつが気になったり、顔のハリ不足が気になったり、肌がくすんでいるように見えたり、ちゃんと顔を洗っているのにすっきりしなかったり、最近、化粧ノリが悪くなったような気がしていたり……。そんな悩みはないでしょうか。たかの友梨ビューティクリニックには、磁気と奇跡のリンゴのダブルパワーで、つるんとしたクリアなハリとツヤを持つ肌を取り戻す、美顔エステが用意されているようです。その美顔エステの名は、「マグネットフェイシャル」です。マグネットフェイシャルは、まず肌の汚れを取り、次に肌にハリを与え、最後に肌を目覚めさせる、という3つのステップで進むそうです。そのいまだかつてなかった、たかの友梨独自の美顔法を詳しく見てみましょう。

まず、肌の汚れを取るのですが、「マグネットレンジング」というテクニックを用い、しつこい汚れも徹底的に落とすといいます。マグネットレンジングとは、砂鉄と一緒に磁石で肌の汚れを吸着する方法なのだそうです。最初に、細かい鉄の粒子がたっぷりと含まれたマグネットジェルで、スクラブトリートメントを行うといいます。その後、強力な磁石で鉄の粒子を一気に引き寄せるのだそうです。絡みついた毛穴の汚れが一緒にすくい出され、しつこい毛穴の汚れが取れてとってもすっきりとするといいます。シャリシャリ、という音が何とも不思議な感覚を与えるのだそうです。

続いて肌にハリを与えるステップです。磁気のマスクを用い、肌を健やかに整えるそうです。シルク素材のマスクの表面には、表面に無数のマグネットが配置されているといいます。マスクはしなやかな弾力性を持ち、肌にぴったりとフィットするそうです。マスクを流れる磁気で、肌がいきいきと整えられているあいだ、マスクに豊富に含まれたラベンダー、カモミール、ベルガモットなどハーブエキス配合の潤いエキスが肌に浸透、ハリのある肌を取り戻すといいます。磁気のマスクを外したあとは、肌の隅々まで美容成分を届けることができるよう、手技による顔のトリートメントを行うそうです。たかの友梨ビューティクリニックのプロフェッショナル・エステティシャンの持つ、熟練のテクニックに思わずうっとりしてしまい、施術後は表情までリフレッシュされるといいます。

仕上げは、肌を目覚めさせるステップです。ウトビラー・スバトラウバーという名のリンゴから抽出された、たかの友梨の先端コスメである「リンゴ幹細胞培養液」配合の「ぷるぷるパック」で、肌をリフレッシュするそうです。リンパの流れに沿って、美顔器パターという、たかの友梨オリジナルの美容マシンでタッピングを行ったあと、ぷるぷるパックを施すそうです。このウトビラー・スバトラウバーというリンゴは、収穫後も新鮮な状態を長く保ち続けることから、奇跡のリンゴと呼ばれているといいます。長期保存を目的として改良されたこのリンゴから、幹細胞を取り出し培養したものが、たかの友梨の先端コスメ「リンゴ幹細胞培養液」なのだそうです。肌にハリ、うるおい、キメを与え、乾燥などのあらゆる肌のトラブル解決への根本的なアプローチが期待できるといいます。エイジングケアにも大きな効果を発揮するのだそうです。

たかの友梨ビューティクリニックの美顔エステであるマグネットフェイシャルで、ツルツルモチモチの自信に満ちたたまご肌を手に入れてみるのも良いのではないでしょうか。より詳細な情報を公式Webサイトでチェックし、利用を検討してみると良いでしょう。

バランスが取れたボディを!「TAKANO式キャビボディ」

20代、30代女性の理想的なボディとは、どのようなボディなのでしょうか。目標の体重になったからといって、満足してしまっていいのでしょうか。ウェストの数値ばかりを気にしていて大丈夫でしょうか。あなたのボディはまだまだ美しくなるかもしれないのです。たかの友梨は、美しい体型はバランスが大事であると考えているといいます。

たかの友梨が考えるバランスのいい体とは、果たしてどのようなものなのかを見てみましょう。細ければ細いほどきれいである、と考えている人も多いのですが、大切なのは全身のトータルバランスです。どんなに細くとも、ラインが崩れていれば美しいボディであるとはいえないのです。もし、やや太めであっても、腰まわりなどがキュッと引き締まっていたり、全体にハリがあったりすれば、バランスのとれた美しいボディであるといえるのです。

自分のボディの気になる個所は人それぞれ違います。どうすればバランスのとれたボディを手に入れることができるのか、わかりにくいのではないでしょうか。そのような場合には、たかの友梨ビューティクリニックのオリジナルエステである「TAKANO式キャビボディ」が良さそうです。じんわりと温めながらほぐしていく先端マシンと、たかの友梨ビューティクリニック独自のハンドテクニックを組み合わせて効率的にアプローチするといいます。お腹やお尻、二の腕や手の届かない背中まで、集中的なケアが可能なのだそうです。

TAKANO式キャビボディでは、上半身コースと、下半身コースの2コースから好きなコースを選ぶことができるといいます。上半身コースでは、二の腕、背中、お腹などの上半身の気になる個所を集中的にマシンでケアを行うのだそうでます。背中やお腹だけではなく、目立ちやすい二の腕なまで広範囲にわたってトリートメントすることができるコースになっているといいます。下半身コースは、腰まわり、ヒップ、太もも、ふくらはぎなどを丁寧にトリートメントしてくれるコースなのだそうです。美脚を手に入れたいと願っている人にとって、最適なコースになっているといいます。

ボディバランスなどで悩んでいる人は、たかの友梨ビューティクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。バランスのとれたボディを手に入れるためのTAKANO式キャビボディなどのエステティックの施術について、丁寧に説明してくれるそうです。また、どのような食生活を送ればボディバランスが良くなるのか、どんな運動が効果的なのかなどについてのアドバイスもくれるといいます。たかの友梨ビューティクリニックのエステティシャンが、たかの友梨式・黄金5原則などのアドバイスを交えながら、二人三脚でバランスのとれたボディを手に入れるためのサポートをしてくれるのだそうです。